多様性を目指してAiming for Diversity

中特グループ CSRサイト > 多様性を目指して

社員とともに

 

社員一人ひとりが、違い(性別,人種,国籍,宗教,年齢,学歴,職歴)を受入れてそれぞれを価値として活かすことで企業の競争力アップにつなげようとする考え方です。
中特グループで女性活躍並びに社員1人ひとりの個性を生かすのみならず、障がい者雇用・外国人雇用の拡大をめざしています。

 

みんなそれぞれに素晴らしい個性があり、様々な個性があるからチームが輝く。
一般的に障がい者と言われる方もまた、個々の長所や得意分野を生かしながらお互いをフォローしあうことで、チームとして役割を十分に果たすことができます。

 

「生活環境革命で人々を幸せにする」という中特グループの使命を成し遂げるためには、今までにはない新たな発想や切り口が必要。そのためには、さまざまな考え方や意見、ものの見方、多くの経験や体験を持った、個性豊かなメンバーが必要と私たちは考えます。
一方的な偏った見方だけでは新たなものは生まれない。「異」の融合による新たな価値の創造、これこそ私たちが目指す姿です。

社員とともにについての活動報告

産業廃棄物事業を通じて、次世代へより良い社会をつなげていくことは私たちの責任であり使命です。中特グループはそのために社会とのかかわりとして「社会」「会社」「社員」をテーマにCSR活動を行っています。様々なつながりを通して社会へと貢献してまいります。

活動報告一覧へ