ADVANTAGE強み

様々な角度から中特グループの強みを紹介いたします

POINT01

創業50年の歴史と
CSR活動HISTORY & ACTIVITY

中特グループは2016年2月に創業50周年を迎えました。50年間事業を継続できたのも支えてくださる地域の方々やお客様、社員のみなさんのおかげ様です。これまでの50年に感謝をこめて、またこれからの50年に向けて、「社会の役に立てば立つほど事業が発展する、事業が発展すればするほど社会の役に立つ」をポリシーに、私たちはCSR活動を積極的におこなっています。
その中の取り組みとして、社員による清掃ボランティア活動や小学校での環境出前授業などがあり、それらの活動や社員教育が評価されて、「環境人づくり企業大賞2015」環境大臣賞を受賞しました。これからも、50年の安心と信頼を損なわないように努力していきます。

POINT02

多種多様なサービスSERVICE

中特グループのお客様は、一般個人の方はじめ、官公庁、企業や事業所、工場、スーパー、物販店、飲食店など様々です。
それだけお役に立つことができるラインナップが多いことを示しています。廃棄物と無縁な社会はありません。
中特グループでは、水処理から産業廃棄物の収集・リサイクルは当然のことで、生活の中のお困りごとまで、幅広く対応することができます。

POINT03

立地に恵まれた・
下松リサイクル工場HOLY GOUND & FACTORY

産業廃棄物のリサイクルにおいては、広大な敷地を持つ「下松リサイクル工場」が中心的存在です。この工場は、交通利便性の高い国道が側を通り、市街地から離れた海岸線に位置する、まさに「リサイクルの聖地」。
さらには、近隣の下水道浄化センターから排出される豊富な処理水を工場内に引き込み利用することが可能となったことで、リサイクルに必要な水の確保を実現。「水の確保」という難題を発想力で克服し、「水が無い」という弱点を「豊富な処理水」という最大の強みに転換しました。廃棄物を、同じく廃棄物である処理水で処理するという「究極のリサイクル」が実現したのです。

POINT04

女性経営者FEMALE MANAGER

主要経営幹部3名が女性であることは、国内の廃棄物処理・リサイクルの業界において、非常に珍しい存在です。女性ならではの視点や発想力で、個人向けサービスである「ポータルハートサービス」や「ダチョウ飼育による食品リサイクル事業」など、固定観念にとらわれない新たな切り口で事業を展開しています。
2016年10月にグループCEO橋本ふくみが、「第一回山口県女性活躍推進知事表彰」において「女性のチャレンジ賞」を受賞しました。

POINT05

社風CORPORATE STYLE

社風は一言でいうと「アットホーム」。社員親睦会の活動も年に数度開催され、バーベキューや日帰り旅行などの催しで親睦を深めています。社員が家族連れで参加するなど、社員同士の人間関係はとてもあたたかです。

PAGE TOP