SENIOR INTERVIEW先輩社員インタビュー:石井貴大

若いうちから活躍出来る環境が
中特グループにはあります

中特グループリクルートサイト > 先輩社員インタビュー:石井貴大
PROFILE

石井 貴大Ishii Takahiro

出身校|山口大学大学院 理工学研究科

部 署|株式会社中特ホールディングス 未来開発部

大学院では理工学研究科に在籍し、有機合成化学を専攻

中特グループとの出会い

出会いは技術職の説明会でした。就職活動では、環境に関わる技術職に就けたらと思っていました。そんな中で出会ったのが中特グループでした。技術職で募集をしていたので、説明会に参加したのがきっかけでした。工場を見学した際に、対応してくださった人達の印象が良く、 自分のやりたいことと一致していたため応募を決め、無事採用になりました。

仕事のやりがい 難処理物と言われる廃棄物をどのようにすれば、処理できるかを考えていくことが主な業務です。
 通常の手順の前に処理し易くなるようにひと手間加えたり、添加する改良剤と言われる薬剤等を変更したり、 その量の添加量を変えて実験してそれを現場社員と一緒になって実機で処理実験をしたりと地道な工夫をして これまで処理できなかった物が、自分たちの知識・技術で処理できるようになったときが一番のやりがいです。
 難処理物と言われるものは、だれもが処理に困っているということなので、その処理をもし私たちが断ってしまうと、 お客様が生産活動を続けることが困難になってしまうこともあるので。そのような、会社や地域貢献しているということも魅力のひとつです。

社風について

年齢層は幅広いです。想像していたより上から下まで年齢差がありました。でも入社間もない若いうちから発言が許されて、実際に改善提案等で自分の出した案が 会社の仕組みとして取り入れられていくことがあります。若いうちから積極的にチャレンジできる社風があって良いと思います。

今後やっていきたいこと
難処理物を如何にして処理するかをもっと考えていきたいです。様々な知識を身に着けていき、いつかは自分たちで考えた処理施設を建てられたらと思います。そのためには、未知のことに対して積極的にチャレンジすることを大事にして努力していきます。

メッセージ
中特グループの事業は幅が広いため、やる気があれば、だれでも活躍できる環境があります。 また、支援制度もありますので、「若いうちからチャレンジしてみたい」 「人々の役に立ちたい」など思っている人にはピッタリです。ぜひ一緒に働きましょう。

OTHER INTERVIEWSその他のインタビュー

  • 部署株式会社ポータルハートサービス

    一言で言うとアットホーム。
    自分の立場として、男性社員の中に女性がいる先輩社員も優しく、一緒に作業出来る環境があります。

    河内七彩 / H28年4月 入社 活躍する社員さんを知る
  • 部署株式会社中特ホールディングス 未来開発部

    若いうちから積極的にチャレンジできる社風があります。

    石井貴大 / H29年4月 入社 活躍する社員さんを知る
  • 部署株式会社吉本興業スマイルサポートグループ

    市民の皆さんにもっとお役に立つ私になるコトに常にチャレンジしていきます。

    山口智裕 / H30年4月 入社 活躍する社員さんを知る
PAGE TOP