WASTE INDUSTRY産業廃棄物処理業

廃棄物の処理事業と下水道事業を柱に、グループ各社の専門技術を活かし、
環境の改善と保持、ご提案までを含めたトータルな環境事業に取り組んでいます。

中特グループリクルートサイト > 産業廃棄物処理業

WASTE INDUSTRY & RECYCLING

産業廃棄物の処理・リサイクル業務

工場や建設現場など、事業活動に伴い排出された廃棄物は「産業廃棄物」といわれます。種類は、プラスチックや金属、木くず、残土のようなものなど様々。
これらをできるだけ多くリサイクルするように加工しているのが、中特グループリライフの「下松リサイクル工場」です。

当社は、取扱いできる産業廃棄物の種類が多いことが特色であり強みです。廃棄物を回収し加工する仕事は一般的に「廃棄物処理業」と呼ばれますが、当社では「製造業」という位置づけをしています。当社工場で加工されたものは様々な先へ「製品」として、「原料」や「燃料」として出荷されます。

たとえば、プラスチックや金属などの混合物は素材ごとに選別し、プラスチックは燃料に、鉄などの金属は再び金属に生まれ変わります。また、建設現場や製造過程で副産物として出た土(汚泥)は、ふるい分け・混合・脱塩などの手を加え成分調整をしたのち、「セメント原料」として出荷されます。私たちの工場は、「製品を製造する工場である」という高いプライドとコンプライアンス意識を持ち、すべてにおいて安全を最優先に、毎日緊張感を持って工場の運営をおこなっています。

一方、工場の一角ではダチョウが7羽!…スーパーなどで廃棄された野菜くずを選別し餌とすることで「食品リサイクル」をおこなっています。環境にやさしい珍しい取り組みとして注目されています。

PAGE TOP